本庄東高等学校附属中学校

国際理解教育

「日本」を通して、世界へのまなざしを育てます。

これからの国際社会を生きる第一歩は、日本人としての確固たる主体をつくることです。自国の文化や伝統をしっかりと培ったうえで、世界中の人々とのコミュニケーションに必要な英語を学習していくことが、小林学園の目指す真の国際理解です。

日本の文化・伝統に触れる体験

  • 茶道特別体験
  • 和楽器体験
  • 大相撲観戦

京都・奈良研修 2年次

日本の文化と伝統が息づく古都を訪ねて。

  • 知恩院
  • 京都 班別自主見学
  • 能体験

二千年にわたり受け継がれてきた日本の文化・歴史を体験します。京都自主見学中の訪問先は生徒たち自身が決定し、グループごとに文化や歴史を調査します。

英語圏の文化・伝統に触れる体験

  • 英語でクッキング
  • 英語でラッピング
  • オーストラリア語学研修

国際社会の基本言語である英語を徹底的に身につける語学教育はもちろん、日常生活の中で英語圏の文化や歴史にふれ、理解することで、将来直面する国際的シチュエーションに柔軟に対応できることを目標としています。本校ではネイティブティーチャーを学校生活の各場面に採用することにより、異文化への理解を深め、将来の国際社会に役立てる人材を育成しています。

主な取り組み

  • 校内
    • 英語特別講座(英語でクッキング・英語でラッピング)
    • 洋書講読
    • 英検受験対策講座
  • 校外
    • オーストラリア語学研修(希望者)
    • オーストラリア修学旅行(3年次)

オーストラリア修学旅行 3年次

「あの海の色が忘れられない。」美しく雄大な自然や異文化を体験。

  • パロネラパーク
  • アボリジニダンスショー
  • ワラビーと一緒に

国際理解教育の集大成として、オーストラリアへの修学旅行が行われます。さまざまな場面でのコミュニケーションを実地体験し、外国の文化や自然に触れることで、国際社会への関心を深めます。

  • 先輩からのメッセージ

    大谷 菜摘さん
    (安中市立碓東小)

    研修旅行で体験した日本の伝統を将来の学習につなげていきたいです

    2年生の京都・奈良研修で一番印象に残ったことは、能体験です。生徒の代表として舞台に上がり、能の先生に歩き方を教えていただきました。普段とは違い、頭のてっぺんから足の先まで、全神経を使って歩きました。役者さんはお面をかぶり、一部分しか見えない状態で演技をしていることを知り、演じることの難しさを感じました。また、写経体験や朝のおつとめ、京料理、寺社訪問など普段できない体験からたくさんのことを学ぶことができました。このような経験ができることに感謝し、附属中で学んだことを将来につなげていきたいです。

  • 先輩からのメッセージ

    臼倉 大毅さん
    (熊谷市立籠原小)

    実践的な語学経験と多様な文化交流で、英語への興味が一層深まりました

    オーストラリア語学研修では、ホームステイ先から現地の姉妹校に通い英語を勉強するという貴重な経験ができました。ホストバディと受ける英語の授業と、研修に参加した生徒全員で受けるオーストラリア独特の英語や、食べ物、動物を学ぶ授業がありました。どちらも現地の先生方が丁寧にわかりやすく指導してくださり、附属中で学んだ英語を実践するよい機会となり、より一層英語への関心が深まりました。現地で驚いたのは、第二外国語で日本語を学んでいることと会話のスピードが速いことです。自分の英語が通じるかドキドキしながら買い物をすることもできました。これらの経験は、外国の文化を理解すること、そして自国の文化の良さを再認識することにつながったと実感しています。